鯨の美味しさと栄養は”海のめぐみ”。

「バレニン」他、現代人に欠かせない栄養がたっぷり!

鯨肉は、わが国において古来から「海の恵み」として利用されてきました。また鯨肉は、低カロリー・低脂肪・高タンパクで、ダイエットや健康に気を遣う方の食材としてもおすすめです。

 

特に、赤肉には疲労防止・回復に効果があるアミノ酸「バレニン」が豊富に含まれています。

また、卵や牛乳などのアレルギーの方の代替食品にもなることが知られています。

鯨肉に含まれる「抗疲労成分バレニン」が基礎体力を向上!

疲れにくく、毎日を元気に健康に楽しく。

鯨は、何千キロもの距離を絶食、不眠不休で泳

ぎ続けても疲れません。

寿命もとても長生きで、ミンク鯨で50歳、シ

ロナガス鯨では120歳まで生きるといわれて

います。しかも死ぬまで子供を産み、生殖能力

に老化がありません。

 

そんな「疲れ知らず」で「老化知らず」の鯨のパワーを支えているのが、鯨の赤身に大量に含

まれている「バレニン」という成分です。疲労防止・回復・抗酸化・活性酸素の除去機能などの働き

がある「バレニン」は、鯨の赤身に特に多く含まれています。赤肉を食べることで筋肉持久力がアッ

プして疲れにくい体になり、基礎体力が向上するので、元気に楽しく毎日を過ごせます。

「バレニン」以外にもたくさんの鯨パワー!

「DPA」や「カルノシン「EPA・DHA(不飽和脂肪酸

「コラーゲン「鉄分」…。そして高たんぱく低脂肪です。

鯨の赤肉には吸収されやすいヘム鉄、ベーコン

、本皮にはコラーゲンもたっぷり。魚介類と同

じく多価不飽和脂肪酸(EPA、DHA等)も含

まれており、これらの脂肪酸を摂ることが血流

の改善につながると言われています。

また、鯨肉にはDPA(ドコサペンタエン酸)と

いう特有の成分が含まれており、動脈硬化を防

ぐ効果があります。

鯨肉には魚の10倍ものDPAが含まれています。

鯨肉の中でも、DPAが多く含まれているのは「くじら(鯨)ベーコン(うねす・畝須)」です。

鯨肉の成分にはインスリンに似た働きをする物質が含まれているため、血糖の上昇を抑え、糖尿病の予防効果も得られ、動脈硬化に効果があります。DPAは血中脂肪(中性脂肪)の低減、抗アレルギー、脳機能の向上などの効果もあります。

 

「カルノシン」は、脳神経細胞を保護し、認知症予防にとても有効に働きます。

カルノシンは魚にも含まれますが、鯨の赤肉に含まれるカルノシンは飛び抜けて多くマグロの14倍、サバの20倍!(正常な脳神経細胞に細胞を死滅させる物質を投与すると、カルノシン無しでは生存率約18%のところ、カルノシン投与した場合では生存率約80%にもアップします。)

さらに、血液がサラサラになる不飽和脂肪酸のEPA、DHA、美容に良いコラーゲン、鉄分なども豊富に含まれています。

一般社団法人

牡鹿半島海のめぐみ協会

代表理事 及川伸太郎

宮城県石巻市十八成浜金剛畑9-1

TEL 0225-44-1123

FAX 0225-90-3993

e-mailはこちら

ご注文はご注文フォームFAX(注文用紙をダウンロード)、または下のYahooショッピングからでもお願いします。